わな猟狩猟免許試験の様子

 わたしの県では、3つのブロックに分かれて、試験が○○農林事務所で行われました。たまたま、自分が受けた時には自分の住んでいる街の、県総合庁舎内で試験が実施されたため、その点はラッキーでしたが、夏頃に実施される試験では、隣の街の県総合庁舎で実施されるようなので、お住まいの地域の場所によっては、試験会場に行くまでが大変な方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 試験は、これまた人によっては一日がかりです。

 試験の内容は、知識試験・適性試験・技能試験があり、午前9時30分から試験が始まり、90分程度の試験時間を終えた後、適性試験で視力・聴力・運動能力の試験を行われました。その後各自お昼を食べて、確か午後0時50分くらいに試験結果が試験室の外に貼り出され、合格した人は午後の技能試験が午後1時30分頃から始まります。

 皆さん、この1日がかりの試験が何時頃終わるのか気になるところだと思います。前回の「予備講習会」編では、講習の申込みの順が早い人ほど早く終わるのではないかとご説明しましたが、

 試験会場から遠方の人が早く帰れる説です。

 ただ、これについては、受験者の方に直接お住まいを聞いたわけではないので確証はありませんので、あくまで参考程度に・・・。

 そう思う理由としては、

  • 試験申し込み開始日に、しかも時刻も開始時刻すぐに申し込みをしたこと
  • にも関わらず、技能試験実施グループとしては後半の方であったこと
  • 同じグループにわたし含め4名が同じ市だったこと
  • 別グループにいた知り合いの隣の街出身で、試験も後半の方であったこと
  • 最も遠方の人は、車や電車で2〜3時間は掛かってしまう地域特性であること

 一番始めのグループは、午後2時頃には会場を後にしました。

 試験のそれぞれの詳しい内容については、また後日。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました