【狩猟初心者がいますぐTwitterをやるべき8つの理由と、注意点】

 どうも、WILD CATです。

 今回は、狩猟初心者が「いますぐ」Twitterをやるべき8つの理由と、注意すべき点についてお送りしたいと思います。

 まず、Twitterをやったことがない、やってみたけどいまいちTwitterの良さがわからなくて(私はこのタイプでした)放置していた人は、アカウントを作って、興味・関心のあるトピックを選択して、おすすめアカウントをフォローすることから始めましょう。

 そして、プロフィールの項目には、しっかりと狩猟に興味がある、これから始める予定である、などあなたに興味を持った人があなたがどんな人かわかるように書いておくと良いでしょう。(ただし、個人情報の載せ過ぎはNG。女性の方も要注意です。)

 無言フォローOKな(フォローさせてくださいとか言わないでフォローしても気にしない)方が大半だと思いますが、そこは相手のプロフィールを確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

狩猟初心者が「いますぐ」Twitterをやるべき8つの理由

  1. 狩猟シーズン「以外」でも有益な情報が得られる
  2. 実際に狩猟で使っている装備品の情報がリアルタイムで得られる
  3. 自分がやってみたこと(下見など)をつぶやくとアドバイスがもらえる
  4. 全国各地の狩猟事情が得られる(イノシシが多い、鹿が少ないなど)
  5. 各地の猟友会事情が得られる
  6. 狩猟に関連した問題点が見えてくる(趣味としての狩猟、有害駆除としての狩猟、環境問題)
  7. 良くも悪くもマナー違反・ルール違反狩猟者の情報が入ってくるので、うっかり法令違反するリスクを減らせる
  8. あなたが聞きたい事を質問すれば、誰かが答えてくれる(※)

注意すべき点

 上に書いた8については少し注意が必要です。

 (私を含めた)初心者がやってしまいがちなのが、漠然とした質問をしてしまうこと。「わなと銃、どちらを始めたらいいですかね。」「この○○ってどうですか。」「これってアウトですか。」

 それと、しっかり調べることをせずに、何度も質問を投げかけてしまうこと。

 です。

 こういった質問は、答える側にとって、相談者の情報がなさ過ぎてどう答えていいか分からず困らせることになります。あなたも経験があると思いますが、保険に入る場合も家族構成や保険で何を重視するかまず聞かれますよね?同じようにあなたの住んでいる環境や狩猟に何を重視するかが決まっていないと答える側も困ってしまいます。

 また、製品に関することも使う環境や状況で良くも悪くもなるので、できれば事前に調べ目星を付けたところで、「こういった環境でこの製品を使う事を考えていますが、どうでしょうか」と聞いた方が、答える側も答えやすいと思います。

 あとは、法律的な解釈で助言を求めない方がいいと思います。地域によって、あちらでは良かったことがこちらではダメだった、なんてこともあります。特に銃関係ならば所轄の警察にしっかり聞きましょう。

 以前からTwitterをやっている狩猟の方々は、おそらく前々から「狩猟始めたいです!or興味があります!」という初心者にその度に丁寧に回答してきたことは容易に想像できます。
 しかも、そこで教えたからと言って自分にとってプラスになることがほとんど無い中で、『善意』で私たち初心者に時間を使ってくれるのです。

 私自身、Twitterで狩猟をやっている方々と交流させていただき、本当に皆さんが優しく教えてくれます。

あなたにも発信できる情報がある!

 これは、私自身もTwitterで意識していることなのですが、残念ながら狩猟に関して最初は与えられる側になってしまうのはしょうがないと思います。

 が、あなたにも私にも、いつもお世話になっている狩猟の先輩方に提供できる情報が絶対にあると思うのです!

 わたしは、ガソリンなどの危険物関係の知識や10年近く筋トレをしてきたという経験があります。YouTubeでアウトドア動画をよく見るので、Twitterで何かソロ用テントでいいの無いかなと話題が出ればこれはどうかあれはどうか、この動画にその辺のレビューありますよと提供できます。

 「わたしには提供できる情報なんてないよ

 いいえ、絶対にあります!あなたが当たり前に思ってやっていることが他の人にとっては有益な情報かもしれないのです!

 仕事で溶接やっている。←罠関係で発信できそうじゃないですか?

 趣味で釣りやってる。←結構狩猟やる方、猟期以外釣りやってますよ?

 趣味でも仕事でも発信できるような情報ない。←直接狩猟に関係しなくても、あなたが住んでる地域の事を発信したっていいんです!これが美味しいよ、ここオススメです、でいいんです!(実際に、わたしは狩猟関係で、いかに自分の住んでいる地域が恵まれているか再確認できました)

まとめ

 いかがだったでしょうか。

 これから狩猟を始めるわたしもあなたも、数年狩猟を経験すれば、今度は教えてあげられる立場に変わります。先輩狩猟者にしてもらったように、わたしもあなたも嫌な顔せず、発信できるようになれたらいいですね。

 まだまだ妄想の段階ですが、よくある性格診断的なもので、いくつかの質問に答える、または、フローチャートを進めば、自分にあった狩猟スタイルが提示されるようなモノを作って、初心者の方に提供できたらなあなんて考えてます。

 それでは、良き狩猟生活を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました